top of page
  • 執筆者の写真アーバンルーフ スタッフ

屋根リフォームの種類


三種類ある屋根リフォーム

当社アーバンルーフは、主に屋根瓦の葺き替えをメインに行っていますが、これもカテゴリー的には屋根リフォームです。


屋根リフォームの種類はどれくらいあるのかご存じでしょうか。施工内容により、3つの種類に分類されます。


それは以下の3つです。


①屋根塗装工事

②カバー工法

③瓦葺き替え工事


ではそれぞれを詳しくみていきましょう。


 

屋根塗装

 

既存の屋根材に塗装を塗り、屋根の劣化を抑える方法が屋根塗装です。

よくたずねられるのが、何年くらいのペースで塗装を行えばよいかということです。


一般的には10年に一度くらいのペースで定期的に塗装を行えば、雨漏りや以下に説明するカバー工法や瓦葺き替え工事時期ものばすことが可能です。


しかしながら、経年劣化で塗装リフォームだけでは対応できない時がきますので、その点は注意が必要です。


 

カバー工法

 

カバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材をかぶせる工法の工事です。

既存の屋根材を撤去する必要がなく安く屋根を新調できます。


お勧めとしては、


①屋根のイメージを変えたい

②遮音や遮熱の効果も期待できます。


以上のようにメリットがある反面、注意しないといけない点もあります。


①既存の屋根材の上に屋根材をかぶせますから、当然、屋根にかかる重量は増します。

②施工後、数年後などに雨漏りなどが発生した場合、古い屋根材の下に原因があることが多かったりしますので、その点、ご注意ください。


またカバー工法できない屋根(瓦屋根、セメント瓦など)がありますのでその折はご相談ください。


 

瓦葺き替え

 

既存の屋根材を全て撤去してから、新しい屋根材に交換する施工です。

屋根リフォームの中では、もっとも施工価格が高くなりますが、メリットも多いです。


特にカバー工法などと違い、屋根材の下にある野地板(のじいた)の張替、防水シートまで交換施工をおこないますので、雨漏りは万全になります。


特に以下のことをお考えでしたら、瓦葺き替えはおススメの屋根リフォームです。


①屋根からの雨漏りを直したい、あるいは雨漏りの心配を改善したい。

②経年劣化などによる屋根材の破損がある場合など。

 

以上のように、屋根リフォームも3種類あります。


屋根リフォームをお考えでしたら、屋根リフォームを専門で信頼を築いてきました当社、アーバンルーフをどうぞ宜しくお願い致します。


お問合せはおきがるにどうぞ。




閲覧数:175回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page